おしらすでござる

双子パパ『しらす』が日々の苦悩と出来事を語る雑記ブログ

【夫婦円満の秘訣】『感謝』は言葉にしないと伝わらない

どうも、しらすです!


僕は『ありがとう』という言葉が大好きです。
これほど簡単に感謝を伝えられる言葉ってなかなかないと思います。


『ありがとう』という言葉はお互いが幸せになれる魔法の言葉!
・・・なんてことは怪しすぎて言いませんが(笑)
あながち間違ってはいないのかなと。


『ありがとう』『ありがとうございます』『おおきに』『サンキュ』
上司、部下、取引先、お客さんなど仕事で使うことは多いと思います。
毎日顔を合わす嫁さんにももちろん言います。


今日は僕が家族に対して大切にしている『感謝』について書いていこうと思います。


目次

家族に対して『ありがとう』って言うことが難しい

『感謝』は言葉にしないと伝わらない。
言葉にすると『そんなん当たり前やん』って思います。


でも、現実の世界で当たり前にこれを実践することって難しいと思います。
特に毎日顔を合わせる家族に対して。


仕事の場面では『感謝も仕事の内』と意識できると思いますが、
それが家族になると急にできなくなりませんか?


毎日顔を合わせることで人間は慣れていきます。
気付けば『してもらうことが当たり前』になっていきます。
当たり前になると『わざわざ感謝する』ということもなくなり、
感謝の言葉が自然と出なくなります。


例えば毎日ごはんを作ってくれている嫁さんに対して感謝の言葉って伝えてますか?
当たり前に作ってくれてるけど、ご飯作ることって結構大変です。


献立考えて、買うものリスト作って、スーパー行って、買い物して、荷物を持ちながら帰ってきて、荷物片付けて、合間に家事して、子供がいたら育児もして、料理の下ごしらえして、料理を作る。


『ご飯を作る』ということだけでも、これだけの工程が発生しています。
嫁さんの苦労を考えると『ありがとう』と言わずにはいられません。

お互いが自然と感謝しあえること

『ありがとう』の感謝の言葉は言われた相手にも広がっていくと思っています。
いいのか、悪いのか、僕は口癖のように『ありがとう』と言ってしまいます。


すると自然と相手からも『ありがとう』と言われることが多くなりました。
最初は意識的に言っていた『ありがとう』が、無意識に『ありがとう』と言うようになり、
それが感染して『ありがとう』と言った相手からも『ありがとう』と言われるようになったんです。


それは家族でも同じで、嫁さんからも『ありがとう』と言われることが多くなりました。
普段言えない人が最初の感謝を口にするのは恥ずかしいかもしれませんが、
ありがとうと言い続けることで、感謝しあえる関係がいつの間にか成立します。


『互いが互いに感謝する』そんな関係いいと思いませんか?

まとめ


目次

『感謝』は言葉にしないと伝わりません。
でも反対に、
『感謝』は言葉にさえすれば伝わります。


感謝の言葉は伝染し、色んな場面で『感謝のやり取り』が出来るようになります。
そして一番に感謝すべき『家族』に対しても感謝の言葉が自然に出るようになります。


『ありがとう』を言う習慣を身に着けて、末永く良好な夫婦関係、しいては人間関係を築いていきたいですね。


以上、しらすでした。