おしらすでござる

双子パパ『しらす』が日々の苦悩と出来事を語る雑記ブログ

一卵性の双子でも似ていないという事実はある!

どうも、しらすです!


我が家の双子は一卵性の双子です。


でも誰がどう見ても似てないんです。


初対面の人が見ると必ず『二卵性?』って聞かれるぐらい似ていません。


今回は一卵性の双子でも似ていない理由について書いていきます。


目次

ウチの双子は体重差がある状態で生まれてきた

ウチの子ども達は妊娠中に『双胎間輸血症候群』にかかりました。

osirasu.hatenablog.com
↑詳しくはこの記事にまとめています↑


命に関わる病気で、無事に生まれてきてくれただけでも嬉しいのですが、その病気の影響で『体重差がある状態』で生まれてきました。


生まれた時の体重は長女は800g、次女は550gです。
この時は二人とも小さいこともあり、『きっと大きくなったら似てくるんだろうな』と思っていました。(まだ10ヶ月ですけどね)


手のひらサイズで生まれた子ども達も、もうすぐ1歳の誕生日を迎えます。
今の体重は長女は7300g、次女は6000gになりました。


1300gの差があるウチの子ども達。
この体重差があるせいか、一卵性なのに全く似ていません。

似ているところを探す方が難しい

最近は微妙に似てる気がしてきましたが、一目見て長女か次女かはすぐ分かります。


目の形が違う
長女は一重で、次女は二重です。


声の大きさが違う
長女はパワフルに泣いて、次女はか弱く泣きます。


顔の輪郭が違う
長女はほっぺたがふっくらしてお肉がついています。
次女もほっぺたはふっくらしているのですが、全体的に小顔です。


母乳の吸引力が違う
長女は吸引力が強くLサイズの乳首を使ってミルクを飲ませています。
次女は生まれつき吸引力が弱く、市販では売っていないWS-3サイズの乳首を使っています。


世間でいう『どっちがどっちかわからない』っていうことは全くありません。


これほど似ていない一卵性の双子っていうのも珍しいのかなと思います。

まとめ


目次

二人同時に我が家に来てくれた子ども達。


最近はよく見たら似てきた気がします。
顔のパーツとか二人同時にうつ伏せで見てくる表情が似てきました。


なにはどうあれ、色々あったウチの双子たちが、無事に生まれて無事に成長してくれたことが何よりも嬉しいです。


似てなくてもどっちもかわいいし、どっちもメチャメチャ大切です。


似てないぐらいは大した問題ではないなと思うしらすなのでした。


以上!