おしらすでござる

双子パパ『しらす』が日々の苦悩と出来事を語る雑記ブログ

赤ちゃんが生まれてから11ヶ月。娘の在宅酸素がとれました!嬉しい!

どうも、しらすです!


昨日、ウチの双子たちの11ヶ月検診に行ってきました。

そこで・・・


在宅酸素がとれました!!!


いぇーーーーい!!!

長女は肺が弱く、どこにいくにも酸素の補助をしないと息苦しい状態でした。


酸素の補助がとれたということは、すなわち『肺の状態がよくなっていること』


自分のこと以上にうれしいですねー!


この11ヶ月間は本当に色々ありました。

今回は在宅酸素がとれるまでの11ヶ月を振り返ろうと思います。


目次

小さく生まれた赤ちゃんはまともに呼吸ができない

ウチの双子は25週で生まれてきました。

通常、赤ちゃんは40週で体の機能をととのえて生まれてきます。
ウチの子は単純計算で4ヶ月も早く生まれてきたことになります。


手のひらサイズで生まれてきた子供たちは、まだまだ外の世界に出てくる準備ができていません。


当然、呼吸をする準備もできていないので、自力で呼吸をすることができませんでした。
(小さく生まれた子は呼吸すること自体を忘れるようです)

なので、生まれてすぐに機械のちからを借りて呼吸することになりました。


未熟児特有の病気で肺はさらに悪化、治療をすることに

動脈管開存症という心臓の病気で、未熟児にはよくある病気にかかりました。


この病気の症状には個人差があるようで、症状が軽い子は自然に治ります。


次女の方は自然に治り、ことなきを得ましたが、長女の方は症状が重く、肺に大きな負担をかけていました。


そして忘れもしない生後7日目。長女は吐血します。


たちまち大事には至らなかったものの、すぐに手術を受けないと、肺に負担がかかり続けている状況。

その2日後に、心臓の手術を受けました。

手術は無事に終わり、僕と嫁さんはホッと胸をなでおろしました。

治療後の経過は良好

その後は特に大きい問題はおこらず、少しずつ、すこーしずつ回復。

吐血の影響で肺に小さな穴があく『肺気胸(はいききょう)』が心配されていましたが、症状がでることもなく、順調に回復していきました。


冬のあいだはインフルエンザが大流行。

カゼをひかないかだけが心配でしたが、『家からまったく外出しない大作戦!』が功を奏し、無事にのりきることができました。


そして記念すべき11ヶ月検診にて『脱・在宅酸素』を達成!

無事に在宅酸素をとることができました!

まとめ


『酸素は外してもいいと思いますね!』


先生にいわれたときは嫁さんと二人でガッツポーズをしました。


しんどくても一生懸命うごいて、自分の肺を鍛えた長女。

またどんだけ忙しくても母乳をしぼって、母乳のちからで長女を成長させた嫁さん。


本当によく頑張ってくれました。

これから長い人生、まだまだ色々あると思うけど、体の大きさとか体の発達具合とか、まだまだ心配なことはあるけど

ひとつひとつ家族一丸で乗り越えていこうと思います。


僕は一家の大黒柱!
色んな意味でがんばるぞー!


以上!