おしらすでござる

双子パパ『しらす』が日々の苦悩と出来事を語る雑記ブログ

離乳食を食べ出すと成長が促進されるのはどうやら本当らしい

f:id:sirasupapadon:20180804173316p:plain

おしらすの読者になる('∀')


『離乳食』それは赤ちゃんを爆発的に成長させる夢のような食べ物である。


どうも、しらすです!


最近ね、実感してるんですよ。


『離乳食すげぇな』って。


皆さんのお宅の赤ちゃんは離乳食食べてますか?


『そろそろ始めようかな』って方もおられると思いますし、『ウチはもりもり食べてるよ!』って方もおられると思います。

『そろそろ食べる時期なんだけど全然食べないのよ・・・』って方もおられるんじゃないでしょうか。


ウチには両極端な双子の娘がいまして『離乳食を全く食べない長女』と『離乳食をモリモリ食べる次女』がいます。


この二人は『【超低出生体重児の記録】800gと550gで生まれた子ども達。安定するまで不安だったけど、その先には数十倍の楽しみがある - おしらすでござる』の記事に詳しく書いてますが、とても小さく生まれてきていて、標準の子供たちと比べると体もまだまだ小さいです。


小さいながらですが、我が家では二人の娘たちは『大きな長女』と『小さな次女』という位置付けになっています。

これは二人の見た目からきていて、明らかに見分けがつくぐらいサイズの違いがあるからなんですよね。


でも、でもね、最近は『離乳食パワー』のせいか、この関係性がくつがえされる可能性が出てきました。

『ん?ちょっと縮んだ?』って言われる長女

僕とか嫁さんは毎日見ているせいか、そんなに分からないんですが、週1で来てくれている訪問看護の看護師さんとか、養育で来てくれている作業療法士の先生とか、子ども達の様子をたまに見に来てくれる両親とかは口を揃えて言います。


長女ちゃん、ちょっと縮んだ?って。


ウチは双子なので、どうしても二人は見比べられます。

で、今までは『大きな長女』と『小さな次女』っていう位置付けがあったので、当然子ども達を見に来てくれている人達は、その印象で二人を見ます。

すると今までと違って、なにか違和感があるみたいなんですよね。


一卵性の双子でも似ていないという事実はある! - おしらすでござる』っていう記事を書くぐらい、今までは大きな違いがありました。

この記事の中でも紹介している『目の形』『声の大きさ』『顔の輪郭』『吸引力』などそれぞれの個性はそのまま存在しています。

ただ『大きさ』に関しては急激に縮まってきているみたいなんですよね。


で、二人を見比べて、大きい方が長女だから『長女ちゃ~ん!』って近づいていったら、それが次女だったり、逆に次女だと思って近づいていったら、それが長女だったりするぐらい、パッと見の大きさでは見分けが付かないほど、差は縮まってきています。


それもこれも『離乳食を食べる食べない』の影響が出てきているということでしょうね。


実際、体重差もドンドン縮まっている

【超低出生体重児の記録】800gと550gで産まれた子供たち。1歳の誕生日を迎えました! - おしらすでござる』の記事にも書いていますが、1歳の時で体重差は『約1.2kg』開いています。


この時でも『最大1.4kgあった体重差が、かなり縮まってきたなー』って思ってたんですよ。


ところが今、二人の体重は、長女が『8.23kg』と次女が『7.29kg』です。


なんと1kgを切ってきました!


1歳の時の体重から増え幅を計算してみると


長女が『+0.63kg』で、次女が『+0.83kg』と、


明らかに次女の増え方がすごいんです!


しかも次女の体重ってここ1カ月半で急激に増えてきました。

この1カ月半に次女に何があったかというと、みなさんもうお分かりですね?


離乳食を食べ始めました!


離乳食、半端ないってぇ!!!

かといって『食べない長女』に対して焦ることはない

1歳2カ月を越えて『そろそろ離乳食を食べて欲しいな』っていう思いはもちろんあります。

次女が食べてるだけに『なんで長女は食べないんだろう・・・』って思うこともあります。


でも不思議と『離乳食を食べない長女ヤバい!』とは考えていません


ウチには子ども達の発達を促進させるために、養育で作業療法士さんに来ていただいているのですが、その方から『色々なパターンの子どもさんがいるよ』っていうお話を聞いています。


離乳食に関して言えば、その来ていただいている作業療法士さんのお子さんは2歳まで離乳食を食べなかったそうです。


でも2歳を越えたぐらいの時に『そろそろご飯食べる?』って聞いたら『うん』って返事をして、急に食べだしたとか。


中には幼稚園でも食べない子は食べないこともあるそうで。


『離乳食を食べる食べない』っていうのもどうやら個性の一つみたいですね。


なので今、長女は離乳食を食べないんですけど、ミルクだけでも体重は変わらず増えてるし、運動面でも発達してくれているので、『そのうち食べればいいかな』ぐらいの感じで考えています。


すこーーーしずつですけど、スプーンを口に含んでくれる回数も増えてきていますしね。(メッチャ嫌そうな顔はしてますが・・・)

まとめ:離乳食を食べ出すと本当に大きくなる

今回は『離乳食を食べない長女』と『離乳食を食べる次女』のお話でした。


離乳食には『子供を爆発的に成長させる』という効果は、やはりあるようです。


次女の離乳食の量は、今後も徐々に増えてくる感じなので、更に成長に拍車をかけそう。


先日、『【赤ちゃんのお座り】リハビリの末、1歳1カ月でお座りするようになりました! - おしらすでござる』の記事に書いたように次女は運動面でも著しく成長を遂げています。

今はハイハイを練習中で、これも少しずつ進めるようになってきているので、もうすぐできるようになりそうです。


長女は長女で、今はつかまり立ちをするようになりました。

離乳食を食べなくても順調に成長はできているので、『そこまで心配する必要はないのかな~』と考えています。


どっちにしても子供たちの成長は楽しみなもの。


親子共々、のんびりといきますよ!


以上!


おしらすの読者になる('∀')