おしらすでござる

双子パパ『しらす』が日々の苦悩と出来事を語る雑記ブログ

【つかまり立ちはお手のもの】我が家のつかまり立ち事情(ちょっとした工夫で危険を回避する方法も)

f:id:sirasupapadon:20180903171336p:plain

おしらすの読者になる('∀')


どうも、しらすです!


1歳3ヶ月を迎えた我が家の双子ちゃん達。


長女は最近、つかまり立ちができるようになりました。


ついこの間までは、ハイハイしか出来なかったのにね。

気付いたら、もう立ってるんだから、本当に子供の成長って早いなと思います。

あらゆるところで立っている長女

立つことに対して、強い興味を持っている長女。

色んなところで立つようになりました。

テレビ台

もともとテレビには、非常に強い興味を持っています。


そのテレビに少しでも触れようと、テレビの下のくぼみに手をかけて、テレビ台に立つようになりました。


立った瞬間に、


ふぁぁぁあああ!!!(歓喜の咆哮)


と強い達成感に浸ります。


ここまでは親として『メチャクチャかわいいな』と微笑ましく見れるんですよ。


ただその後、興奮のあまり、テレビの画面をバシバシ叩くんですよね・・・。


テレビ画面には長女の指紋がビッタリ・・・。


今はまだ、力が弱いからいいんですが、そのうち急に、テレビが映らなくなりそうで怖いです。

ソファー

主に僕か嫁さんが座ってる時なのですが、遊んで欲しいとき、かまって欲しいときにつかまり立ちするようになりました。


ウチのソファーは3人掛けのソファーなのですが、たまに立つ場所を間違えて、大人が座っている場所の反対側で立つことがあります。

その時の長女の顔がまた可愛くて・・・


あ、そっちだったの・・・(照)


長女は照れ笑いをしながら、かわいらしい舌をペロリ。

つたい歩きでこちらまで歩いてきます。


かわぇぇぇえええ!!!(親バカですいません)


迎えに行きたくなるのをグッとこらえ、頑張っている長女を見守ります。


で、やっとの思いで、親のもとへたどり着いた長女は、


ふぁぁぁあああ!!!(歓喜の咆哮)


無邪気に喜ぶ長女。


子どもって本当に無邪気で可愛いですよね!

テーブルイス

これは僕と嫁さんが、ご飯を食べてる時なのですが、僕たち夫婦がテーブルで、イスに座ってご飯を食べていると、何やら足元でゴソゴソと気配がします。


『ん?誰がいるのかな?』と思って、テーブルクロスをぴらっとめくると、


はい!ひょっこりはん


そこには超笑顔の長女がつかまり立ちしています。


ただテーブルイスにいる時は、僕か嫁さんを見つけた瞬間に、決まって超笑顔だった長女の顔が急激に、不機嫌な顔になります。


ふぁぁぁあああ!(私にもミルクちょうだーい! or かまってー!)


お腹がすいて、単純に不機嫌になったり、自分の目の届く範囲に誰もいない状況で不安になっているんでしょうね。


ということで我が家の食卓は、夫婦のうち、どちらかが長女の相手をして、1人ずつご飯を食べるようにしています。


ただし、立つ方に限る!

得意満面につかまり立ちをする長女ですが、実は新事実があります。


なんと・・・


自力で座れません!


立ったのはいいものの、下りるのは怖くて下りられないんですよね。


10分ほど、つかまり立ち(時には伝い歩き)して、満足します。

満足すると、急に怖くなって、


ふぇぇぇぇええええん!!!(誰か助けてよ!)


親がいる方に顔を向けて、下りられないアピールをします。

最初のうちは『長女の一大事だ!』と急いで下ろしていたのですが、下ろした10秒後に・・・


ふぁぁぁあああ!!!(歓喜の咆哮)


なぜか同じ場所でつかまり立ち・・・。

その10分後には当然、また自力で下りられないことに気付くので、


ふぇぇぇぇええええん!!!(誰か助けてよ!)


またまた下りられないアピール。

で、『長女の一大事だ!』と急いで下ろすと・・・


ふぁぁぁあああ!!!(歓喜の咆哮)


また同じ場所につかまり立ち・・・。

当然その10分後には、また『助けてアピール』が来ます。


いや、気付けよ!!!(心の本音)


こうやって子どもは大きくなっていくんですねぇ・・・(遠い目)

次女の行動には注意を払わなければいけない

かまり立ちがやみつきで止められない長女ですが、我が家にはもう一人、忘れてはいけない存在がいます。


そう、『お姉ちゃんのことが好きで好きで仕方がない双子の次女』です。


【双子の後追い】1歳3ヶ月、我が家の後追い事情 - おしらすでござる』の記事で少し触れていますが、次女は長女のところにひたすら行きたい願望があります。

1カ月前は『ハイハイ謎の5歩ルール』があったので、長女のところまで行けず、グズるだけで済んだのですが、この1カ月で次女も成長して、今ではしっかり長女を追いかけられるようになりました


なので当然、つかまり立ちしている長女の元へ、ハイハイで突撃します。

長女に頭から突進することもあれば、不安定なつかまり立ちをしている長女の背後でお座りすることもあります。

もし次女に突進されれば、長女は『膝カックン』の要領で膝から崩れ落ちますし、背後に次女が座っていれば、長女は次女が気になって、それはそれでバランスを崩して倒れます。


あのね、はたから見てる親からすればね、


危なっかしくて仕方ないんですけど!!!


最近は子ども達が寝てる時以外は、本当に目が離せない状況が続いています。

一工夫でコケる危険を回避

かまり立ちが得意になってきたとはいえ、まだまだ危なっかしい長女。

テレビ台・ソファー・テーブルイスでつかまり立ちしている時は、常にフラフラはしていますし、足もガクガクしています。

立った状態から急にこけることもあって、テレビ台で顔を打って、痛そうな青アザが出来ることもありました。


その原因は、『かまり立ちで支えにしている物の背が高いこと』にあります。

テレビ台・ソファー・テーブルイスのいずれも、高さ50cmぐらいあって、長女の肩ぐらいの高さまであり、支えにするには少しばかり不安定でした。


そこで『何かいいものないですか?』と、リハビリに来てくれている作業療法士さんに相談したところ、


衣装ケースなんかいいと思いますよ。


との回答が。


ちょうど、家で使っている衣装ケースあったので、早速設置しました。


↑ホームセンターでよく売っているこんなもの↑

我が家で設置した衣装ケースは”幅74cm、奥行き39cm、高さ30cm”のものです。


これぐらいの高さだと、子供が立った時に、支えになる場所が胸の下(みぞおち)ぐらいになります。

手のひら以外にも、肘や腕で体を支えることができるので、以前のように、急にバランスを崩して倒れることがグーっと減りました


また作業療法士さんが衣装ケースをすすめた理由は他にもあります。

衣装ケースの天板に広さがあるので、その上におもちゃを置いたりすると、立つことに興味がない子でも、積極的に立つことが増えるそうです。

立つ時間も長くなって、筋肉の発達にもいい影響を与えてくれます。


もし、おウチに使っている衣装ケースがある方は試してみてはいかがでしょうか。

まとめ:我が家のつかまり立ち事情

新たな視点の楽しみを見つけた長女。

そしてその姿に突進する次女。

我が家の光景は相変わらずですが、そのステージは徐々にステップアップしています。


子ども達の成長は嬉しい反面、こけた時の衝撃とか心配は徐々に大きくなっているので、心配性の僕としてはハラハラすることも増えましたが、そこはみんなが通る道。


知恵と工夫でなんとでもしてやりますよ!


大人も子供も試行錯誤して、ぜひとも楽しい育児ライフを楽しみましょう!


↓我が家の双子の関係性はこちらの記事に↓
osirasu.hatenablog.com


↓ちょっと特殊な後追い事情の記事はこちら↓
osirasu.hatenablog.com


かまり立ちが安定する”衣装ケース”は本当にオススメなので、おウチにある方は、ぜひお試しを。

また、こけた時の衝撃を吸収する”厚手ジョイントマット”は、いよいよ必需品になってきました。



以上!


おしらすの読者になる('∀')