おしらすでござる

双子パパ『しらす』が日々の苦悩と出来事を語る雑記ブログ

【冬場のかぜ対策】0歳児の赤ちゃんが風邪をひかないためにしたこと

f:id:sirasupapadon:20180911205024p:plain

おしらすの読者になる('∀')


どうも、しらすです!


ウチの子供たちは小さく生まれた影響で、0歳でのインフルエンザの予防接種が打てませんでした。

NICUから退院したのは2017年の10月。

その年の冬はインフルエンザが猛威をふるい、病院は風邪をひいた人で埋め尽くされていました。


子供たちがインフルエンザにかかれば大変なことになってしまう。


何としても予防しないと・・・!


というわけで、今回は『子供が風邪を引かないために対策したこと』についてまとめていきます。

一番の風邪対策は『家を出ないこと』

風邪予防で一番大切なのは『風邪をひかない環境に身をおくこと』です。


つまり出掛けないことが一番の風邪予防になります。


インフルエンザが猛威をふるっていて、予防接種も打てていない状況。

ほとんど出掛けることはしませんでした。

冬に出掛けたのは『病院の定期検診』と『宮参り』ぐらいです。


また、外から菌を持ち込まないために、買い物の回数も極力減らし、もし行くとしても僕が一人で行きました。


冬があけるまでは、ひたすら家で冬眠するのが、一番の風邪対策です。

加湿器は必需品

病院の先生、訪問看護で来てくれている看護師さん、地域の保健師さん、色んな人に『風邪対策で重要なことって何ですか?』と質問すると、決まって最初に出てくるワードが『乾燥しないように注意して下さい』というものでした。

ということで、家の中での風邪対策で一番重要なのは『部屋の湿度を適度に保つこと』です。

空気が乾燥するとウイルスが繁殖するだけでなく、鼻や口の粘膜が乾燥して、菌やウイルスが体内に侵入しやすくなります。


それを聞いて即、温度湿度計を購入。

温度湿度計を目安に、エアコンと加湿器で、温度と湿度を常に管理していました。


ちなみに湿度は50%~60%室温は22℃がベストです。


加湿器には、スチーム式や超音波式、気化式などがありますが、個人的にオススメはスチーム式です。

スチーム式は沸騰させたお湯の湯気で加湿するので、他のタイプより雑菌を拡散させにくく、加湿器病になりにくいからです。

近年、加湿器が原因で肺炎になるという方も増えているので、こまめにお手入れすることは必須です。


↓温度湿度計はホームセンターでこちらを購入しました↓

↓ちなみに我が家で使用している加湿器はこちらです↓

↓加湿器のお手入れは定期的に実施しましょう↓

浴室は暖める

冬場の浴室って冷えますよね。

浴室はもちろん、着替えをさせる踊り場なんかも寒いので、せっかくホカホカになった赤ちゃんが湯冷めして、風邪なんか引いてしまったら大変です。


ということで、浴室の対策も必須となります。

我が家では、風呂の時間だけ、ファンヒーターで浴室を温めることにしました。


9月ぐらいになると、電気屋さんでもホームセンターでも、暖房コーナーが設置されるので、そこで安いコンパクトファンヒーターを購入。


子ども達をお風呂に入れる30分前に、ファンヒーターを稼働させ、浴室を温めてからお風呂に入れるようにしていました。

赤ちゃんをお風呂に入れる大人は、汗をかいてしまうかもしれませんが、これも子供が風邪をひかないためなので、そこは耐えましょう。


↓我が家ではこんな感じのファンヒーターを使用しています↓

ジョイントマットで保温する

このブログでは度々登場する『ジョイントマット』。

これを購入する当初の目的は、子ども達が『頭を打たないため(衝撃を防ぐため)』だったのですが、ジョイントマットをリビングに敷き詰めたところ、床からの冷気が遮断され、『保温する』という副産物も一緒についてきました。

『床暖房がある』とか『子供専用の和室がある』とか、底冷えしない環境で子育てされている方は気にしなくてもいいかもしれませんが、我が家のように『水場が近くにあるリビングで子育てしたいけど、フローリングだし床が冷える』という方はジョイントマットを敷き詰めてみてはいかがでしょうか。

寒さが格段に改善されますし、ジョイントマットは柔らかいので、大人のくつろぎスペースもかなり拡大されますよ。


ちなみに我が家では、子どもをお風呂に入れるときの床冷えを防止するためにも、子ども達をお着替えさせる踊り場にお風呂の瞬間だけジョイントマットを引くようにしていました。


↓おすすめは大判厚手のジョイントマットです↓

まとめ:赤ちゃんが風邪をひかないためにしたこと

最後にまとめていきます。

  • 出掛けない
  • 保湿する
  • 冷やさない

以上が、赤ちゃんが風邪をひかないために我が家がした対策です。

これらの対策を実施したおかげか、この年はなんとか風邪をひくことなく、子ども達は無事に冬を越すことができました!(僕だけ謎の発熱をしましたが)


上に挙げたことはあくまでも我が家のパターンなので、それぞれのおウチでは、まだまだ思いつく事もあると思います。

か弱い子供の命を守るためだと思って、思いつく事を片っ端から実施しちゃいましょう!


終わり。


おしらすの読者になる('∀')